遺言書について

遺言書についてご説明いたします。

遺言は一般的に「ゆいごん」といわれ、自分の死後に財産を誰にどうやって分配するか等を書き記すものです。
多くの方は、遺言のイメージをお持ちではないでしょうか。
案外知られていませんが、実際には民法によっていろいろな決まりごとがあり、法律の形式に従って正しく作成しなければ、その遺言は無効になってしまいます

遺言書には大きく分けて3つ種類があります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

世間一般では遺言と言えば自筆証書遺言のことをイメージされているのではないでしょうか。しかし、最近では公正証書遺言を作成する方が増加傾向にあります。それは、遺言の実効性をより確実にするために最適な遺言方法だからです。

法律に則った遺言書の種類、書き方、メリット等、それぞれの重要性をしっかりと確認していきましょう。

遺言書の作成 その他のコンテンツ

遺産相続に関するご相談は、徳島相続相談プラザへどうぞ!

※ご相談は相続が開始した後の相続人の方か、遺言を前提とした相続対策を検討されているご本人様とそのご家族さまを対象とさせていただいております。電話でのご相談は行っておりません。

0120-939-833
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報