広大地評価

広大地評価についてご説明いたします。

著しく地積が広大な宅地で都市計画法に規定する開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地用の負担が必要と認められるものの価額は、広大地の面する路線の路線価に、広大地補正率を乗じて計算した価額にその広大地の地積を乗じて計算した価額にした金額を持って評価されます。

都市計画法に定める開発行為を行なう場合に道路や公園などの公共公益的施設用地の提供が必要と認められるものをいいます。つまり、公共公益的施設用地が生じるために宅地として有効利用できる面積が減ってしまうので、土地の評価額が下がるのです。

広大地評価が利用できると、相続税が安くなるという制度です。

 

広大地とは

徳島市では一般的には1,000㎡以上の土地で、都市計画法での開発行為を行った場合に道路などが必要な土地をいいます。
 
広大地にあたる可能性がある土地(都市計画法で開発許可を要する面積)
  • 市街化区域 三大都市圏では、500㎡
  • 徳島市では1,000㎡
  • 非線引き都市計画区域及び準都市計画区域では、3,000㎡
    それ以外の地域は個別的に判断

 

非常に難易度の高いアプローチになりますが、マンション経営者や地主さんにとっては必須の事項となります。当プラザでは経験豊富な専門の税理士・不動産鑑定士と一緒に対応させていただきます。まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

相続税について その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報