相続税とは

当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ここでは、相続税について、ご説明させていただきます。

相続税とは、被相続人(亡くなった当人)の死亡により、被相続人の親族等(相続人)が相続で取得する財産に対して課税される税金のことを指します。だだ、実際に相続税が課税されるのは全体の約8%と言われております。

相続税は、遺言書(遺言)によって譲りうけた財産についても相続税が課税されるため、財産の受遺者も対象となります。

相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日(通常、亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の死亡時における住所地を管轄する税務署に対しておこなわなければなりません。
申告の期限までに申告しなかった場合には、本来の支払うべき税金以外に加算税・延滞税が掛かってしまいますので、早期に税務のプロである税理士にご相談いただく事をお勧め致します。

この相続税は、一般の方にとって身近でないばかりか、専門の税理士の業界でも件数が少ない為、しっかりとノウハウを持って対応できる組織が少ないのが実情です。
当プラザでは、相続税に強い税理士と連携して対応をさせて頂いております。
まずは、一人で悩みこまずに、お気軽にお問合せをいただけたらと思います。

 

相続税について その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報