相続税の申告方法

相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、必ず相続税の申告が必要となります。申告先は申告書と共にそれぞれの財産に関する必要書類を準備して、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署に申告します。申告書は国税庁のホームページ、または税務署にて取得することができます。

必要書類について、詳しくはこちら→相続税申告の必要書類

この申告は、原則相続が発生した日の翌日から10か月以内に行う必要があります。申告は相続財産の合計金額が基礎控除額を超えていない場合には申告する必要はありません。しかし、配偶者控除や小規模宅地の特例などの、その他の控除を適用することによって相続税がかからない状態になるという場合は、相続税の申告が必要になってきますので注意する必要があります。

 

相続税申告と納税 その他のコンテンツ

遺産相続に関するご相談は、徳島相続相談プラザへどうぞ!

※ご相談は相続が開始した後の相続人の方か、遺言を前提とした相続対策を検討されているご本人様とそのご家族さまを対象とさせていただいております。電話でのご相談は行っておりません。

0120-939-833
  • 初回の無料相談会
  • サポート料金
  • 事務所紹介

事務所所在地

昭和町8丁目46-20
昭和町の日産自動車のすぐ横道を入った所にあります。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報