相談事例

徳島の方より相続税申告についてのご相談

2020年11月26日

Q:税理士の先生にご相談です。相続税の申告の期限を延長することはできますか?(徳島)

徳島在住の50代の会社員です。4カ月前、徳島の実家に住んでいた父が徳島市内の病院で亡くなりました。母も2年前に亡くなってしまっているので、相続人は私と弟の2人になります。私と弟は幼いころから仲が悪く、喧嘩ばかりしていました。お互いが50代になった現在も口を利かないような関係です。

相続の手続きを始めるにあたって弟としっかりと話し合わなくてはいけないと思ったので先日、弟に連絡したところ「口を利きたくない」と電話をすぐに切られてしまいました。現在、弟と遺産分割協議を行い、各種手続きを行うことは難しい状況です。このままでは相続申請の期限期間中に申告することが出来ないのですが、期限を延長することはできますか?(徳島)

 

A:相続税申告の延長は基本的に難しいとお考えください。

徳島相談プラザにお問い合わせいただきありがとうございます。今回のご相談内容は相続税申告の期限を延長することは可能であるかということでしたので、お答えさせて頂きます。相続税の申告期限を延長させることは基本的に認められないとお考え下さい。しかし、特殊な場合には税務署に申告することで、最大で2カ月の延長が認められるケースがあります。

〈申告期限の延長が認められる例〉

  • 相続人となる胎児が実際に生まれた(相続税申告時は生まれておらず、みなし相続人として計算されていた場合)
  • 死亡退職金の支給が確定した
  • 遺贈に係る遺言書や、遺贈の放棄があった
  • 相続人の認知等で相続人に異動が生じた

 

原則としては相続税申告・納税の期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内と定められています。お客様のように遺産分割についての話し合いが出来ていない場合でも、この期限内に相続税申告と納税を行います。この際、民法に規定されている法定相続分9割合に従って未分割のまま計算します。基本的に「小規模宅地等の特例」や「配偶者の税額軽減の特例」の適用をして相続税額を計算することはできません。しかし、相続税申告書と併せて「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出することで、適用が認められることがあるので、相続税申告書と併せて提出しましょう。

 

このように相続税申告について分からないことがある方も多いと思いますので、専門家に相談する事をお勧めします。徳島相談プラザでは初回無料相談を行っていますので、一度ご利用いただき、お客様の状況にあわせて相続税申告の流れや期間についてご説明させて頂きます事務所は徳島市の昭和町に構えておりますので、お近くにお住まいの方はぜひお越しください。

  • セミナー・メディア講演情報
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す