相談事例

徳島の方より相続税に関するご相談

2020年10月06日

Q:家財や自動車を相続する場合の相続税について税理士の先生に相談をしたい(徳島)

徳島の実家に住む母が先日亡くなりました。父は既に他界していますので、相続人は一人娘の私のみです。実家を相続することになりますが、私は徳島を離れて生活していますので手放そうと思っています。自宅にある家財道具、車等についても一式そのまま残っています。自宅と預貯金の内容から相続税の申告が必要であることはわかっているのですが、相続税の対象となる遺産がどれにあたるのかが分からずにいます。(徳島)

 

H3A:値段が付くものは相続税の対象となります。

一般家庭の家財や自動車等を相続税の面から評価をする場合、その評価額は売買実例価額で判断をします。売買実例価額とは、相続開始日にその品を買い取ってもらうと仮定した場合の価額をいいます。売買実例価額が不明な場合は、新品の小売価格から経過年数分の価値を差し引いた価格に応じて控除して評価していきます。

しかし、今回のように徳島のご実家に残されている家財等全てについて、購入時期などを1点1点把握することは難しいでしょう。そして、実際のところ中古の家財に関しては実際ほとんど値段が付かないケースが大多数です。そのため、1個又は1組の価額が5万円以下の家財については、それぞれ一括して一世帯ごとに「家財道具一式」として概算で評価して相続税の申告を行います。

相続や相続税についてのお困り事は、各ご家庭により様々です。財産の状況やご家族の構成により必要となる手続きは異なります。今回のような相続税に関するお困り事は、ご自身で判断して進めることで実際の納税額に差が出るなど状況を複雑にしてしまう可能性があります。なるべく早い段階から、相続と相続税に関する知識のある専門家に相談をすることをおすすめいたします。

徳島相続相談プラザは、徳島の皆様の身近な相続税の専門家として日頃より徳島の多くのからよりお問い合わせをいただいております。多くの相談実績により、相続税に関する知識とノウハウには自信がございます。徳島ならではのお困り事も得意としておりますので、どのような些細なお困り事でも構いませんので、まずはお気軽に無料相談をご利用下さい。こちらで、現在のご状況などを丁寧にお伺いさせていただき、ご相談者様に必要な手続きについてご案内させていただきます。

 

  • セミナー・メディア講演情報
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す