相談事例

徳島の方より相続税についてのご相談

2020年06月10日

Q:相続税について教えてください。(徳島)

徳島の実家にひとり暮らしをしていた父がなくなりました。生前、父は自営業を営んでおり、土地や実家、多少の預貯金などがあり、相続税の申告が必要になりそうです。相続税について、自分でもインターネットで調べてみましたが、専門用語が多く訳が分からず、正直困っています。調べていく中で、相続税の申告には期限があることを知りました。私は、徳島ではなく、遠方に住んでいることもあり、早めに相続の手続きも行わなければならず、焦っております。また、相続財産の調査をしなければならないということも分かりました。そもそも、相続税のかかる財産とかからない財産とは何でしょうか?相続税について教えていただきたいです。(徳島)

 

A:相続税には、課税される財産と非課税の財産があります。

最初に、被相続人が亡くなられてから相続税について行う手続きの流れをご説明いたします。

  • 相続人の調査 …相続人の相続関係を客観的に証明するために必要になります。
  • 相続財産の調査 …遺産分割や財産の相続税申告、名義変更などを進めていくうえで、間違いがないように調査をします。
  • 遺産分割協議 …相続人全員で遺産分割を決める話し合いをします。
  • 相続税申告 …遺産総額が基礎控除の金額を超える場合に申告をします。
  • 相続財産の名義変更…不動産や預貯金などの名義変更をします。

以上のような流れで手続きを行います。また、相続税には課税される財産と非課税の財産があります。下記にて、一例をあげましたのでご参考になさってください。

 

【課税対象の相続財産】

  • 土地、家屋 、土地に有する権利
  • 構築物
  • 事業用、農業用財産
  • 有価証券、預貯金
  • 家庭用財産
  • 乗り物
  • みなし相続財産
  • 相続や遺贈により財産を取得した人が被相続人の死亡前3年以内に受けた贈与
  • その他

 

【非課税の相続財産】

  • ​祭祀財産(墓地・仏壇・仏具等)
  • 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
  • 心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  • 生命保険金(相続人が受取った生命保険金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • 死亡退職金の一部(②相続人が受取った退職金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • その他

 

徳島にお住まいの皆様、相続税の申告などお困り事がございましたら、相続税に関する知識や経験が豊富な相続税の専門家である税理士が在籍する徳島相続相談プラザにご相談下さい。ご相談者様それぞれのご状況を伺ったうえで親身に対応をさせて頂きます。徳島近郊にお住まいの方で、相続税にご相談・お困り事のある方は、まずはお気軽に無料相談へとお越しください。

  • セミナー・メディア講演情報
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す