相談事例

徳島の方より相続税についてご相談

2021年03月02日

Q:相続した財産の中で相続税の対象となる財産と、非課税となる財産について税理士の先生にお伺いしたいです。(徳島)

私は徳島に住んでいる50代の主婦です。先月、徳島の実家で一人暮らしをしていた父が亡くなりました。母は3年前に既に他界しており、娘である私と妹が相続人にあたります。父から相続する財産は生活していた実家に加え、徳島内に不動産が2つと多少の預貯金です。

相続手続きに取り掛かりたいのですが、調べてみても専門用語が多く、よくわかりません。最近相続手続きをした友人の話から、恐らく私たちの相続においても相続税が発生すると思われます。私にも妹にも家庭と仕事があり、日々多忙にしておりますので、なるべく早めに取り掛かりたいと思っています。まずは、相続税のかかる財産とそうでない財産について税理士の先生にご教授いただきたいです。(徳島)

 

A:まずは課税される財産と非課税の財産をお伝えしますので、必要に応じて相続税の手続きをしましょう。

ご相談ありがとうございます。

まず、徳島の皆様に向けて相続税の申告、納税までの大まかな流れをお話していきます。

⑴相続人の調査…相続人を確定するために出生から死亡までのすべての戸籍を取り寄せる

⑵相続財産の調査…遺産分割や相続税申告、名義変更などを進めるため全財産を明らかにする

⑶遺産分割協議…相続人全員で遺産分割についての話し合い行う

⑷相続税申告…遺産額が基礎控除の金額を超える場合のみ、申告を行う

⑸相続財産の名義変更…不動産や預貯金など相続する名義の変更を行う

次に課税される財産と非課税の財産についてお話していきます。

【課税対象の相続財産】

  • 有価証券、預貯金
  • 土地、家屋 、土地に有する権利
  • 構築物
  • 事業用、農業用財産
  • 家庭用財産
  • 乗り物
  • みなし相続財産
  • 被相続人の死亡から3年以内に贈与があった相続や遺贈を受けた人など

 

【非課税の相続財産】

  • 祭祀財産(墓地・仏壇・仏具等)
  • 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
  • 心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  • 生命保険金(相続人が受取った生命保険金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • 死亡退職金の一部(相続人が受取った退職金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • その他

 

上記に記載したこと以外にも相続税申告について分からないことがある徳島の皆様は、ぜひ徳島相続相談プラザにご相談ください。初回の相談は無料にて行っておりますので、どんなことでもまずはお気軽にお話をお聞かせください。相続税申告の専門家が親身にお話をお伺いいたします。特に不動産の評価などは、地域の情報に詳しい必要があります。徳島の案件を数多く担当しております当プラザにどうぞご依頼ください。徳島の皆様からのお問い合わせお待ちしております。

  • セミナー・メディア講演情報
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す