相談事例

徳島の方より頂いた遺産相続についてのご相談

2018年06月07日

Q:遺産相続で揉めています。(徳島)

父の相続手続きを進めています。相続人は母と兄と次男の自分と弟の4人です。父の生前、徳島の実家で一緒に生活をしていたのは兄で、現在は母と生活をしています。その兄が、父の財産の内容を教えてくれず、家族での話し合いもせずに一方的に遺産分割協議書を送りつけてきました。母も兄には強く言う事が出来ず、財産について口を出せずにいます。自分と弟たちは徳島を離れていますが、元々は仲の良い兄弟でしたので、今回の事で関係が悪化するのは避けたく、どうにか円満に解決をしたいと思っています。(徳島)

 

A:ご相談者様も相続人ですので、財産の調査が出来ます。

元々仲の良かった家族が、遺産相続によって険悪になってしまうというご相談をよく耳にいたします。遺産相続は大きな金額の動く手続きになります。相続人となるご家族と、一つ一つを丁寧に進めていきましょう。

今回のケースでは、ご相談者様も相続人です。ですがら、亡くなられたお父様の財産について調査をする事が出来ます。まずはこの財産調査を行い、お父様の遺産がどこにどこくらいあったのかという全容を把握しましょう。そのうえで、お兄様と遺産分割についての話し合いをしていく事をお勧めいたします。全ての財産を一覧にした財産目録を用意すれば、誰にどのくらいの相続分があるのかというのが明確になりますから、お兄様との話し合いも進みやすくなるでしょう。

財産調査の手続きは、役所や預貯金の口座がある金融機関へと行う事になります。必要書類も多くありますので、手続きが不安な方は当徳島相続相談プラザへとご依頼下さい。専門家へと依頼する事で、スピーディーに調査を完了する事ができます。平日に窓口へいく時間がない、という場合にも、ぜひ徳島での相続手続きの実績を多く持つ徳島相続相談プラザへご相談下さい。お困り事が円満に解決するように、お手伝いをさえて頂きます。

 

  • セミナー・メディア講演情報
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す