小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは相続や遺贈によって取得した財産のうち、被相続人の事業の用または居住の用に供されていた宅地などが、建物の敷地の用に供されていたものがある場合に関しては、ある一定の要件のもとその宅地等の限度面積までの部分について80%または50%を減額するという制度のことです。

この小規模宅地の特例は、取得した者ごとに判定されることになっております。
以下割合いです。小規模宅地の特例は制度の改正により平成27年1日1日以降に相続が発生した場合の割合になります。それ以前の相続については割合が異なりますのでご注意ください。

区分 減額割合 限度面積
特定居住用宅地等 80% 330㎡

特定事業用宅地等
特定同族会社事業用宅地

80% 400
貸付事業用宅地等 50% 200

 

相続税の計算と申告 その他のコンテンツ

遺産相続に関するご相談は、徳島相続相談プラザへどうぞ!

※ご相談は相続が開始した後の相続人の方か、遺言を前提とした相続対策を検討されているご本人様とそのご家族さまを対象とさせていただいております。電話でのご相談は行っておりません。

0120-939-833
  • 初回の無料相談会
  • サポート料金
  • 事務所紹介

事務所所在地

昭和町8丁目46-20
昭和町の日産自動車のすぐ横道を入った所にあります。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報