相続税申告の期限

相続税の申告について、特に注意したい点は納付の期限があるという点です。

相続は、誰もが何度も経験するようなものではないので、申告に期限が設けられていることを知らなかったという方も多いのです。

相続税申告の期限は、相続開始時、つまり被相続人が亡くなった日の翌日から起算して10か月以内です。それまでに税務署に申告し、現金一括で支払うことが原則になります。ただ、相続が発生した全ての方に相続税が課せられるという訳ではありません。

この相続税の期限である10か月を過ぎてしまうと、本来納付すべき相続税に加え、延滞税や加算税が課せられてしまう事があります。また、受けられるはずの控除が受けられないという事態にもなってしまいます。

相続発生時から10か月以内に相続税申告となりますと、この10か月の間に申告までにすべき手続きを済ませておかなければなりません。手続の中には相続税申告に必要な書類の収集も含まれています。相続が発生したら速やかに相続税申告までの諸手続きを進めていきましょう。

相続税申告までの手続きの流れをこちらにて確認しておきましょう。→遺産相続と税申告の流れ

相続税申告の注意点 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報