相続に関する無料相談受付ダイヤル

総合受付0120-939-833

予約受付:9時00分~18時00分(平日・土曜)

預金の名義変更

遺産分割協議がまとまっていない時点で、被相続人の名義の預貯金を、一部の相続人によって勝手に引き出すことは、禁止されています。

このため、銀行等が被相続人の死亡を金融機関が確認すると、預金の払戻しが凍結されます。預貯金の保全が心配な場合には、早めに銀行に被相続人の死亡を伝えておくと良いでしょう。

凍結された預貯金の払い戻しを受けるための手続きは、遺産分割が行われる前か、行われた後かによって異なります。

具体的な手続きは以下のとおりです。「遺産分割の前」の場合、以下の書類を金融機関に提出します。

遺産分割の前に、預貯金を払い戻しする場合

  • 金融機関所定の払い戻し請求書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人の預金通帳と届出印

この他、金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接問い合わせてご確認ください。

四十九日や法要などの費用で困った際に、こうした手続きを進める形になります。
しかし遺産分割協議を行う前に、預貯金だけ払い戻してしまうと相続が複雑になってしまい、また遺産相続のトラブルにもつながるのであまりおすすめはできません。

もう一方の「遺産分割の後」の場合は、「①遺産分割協議に基づく場合」、「②調停・審判に基づく場合」、「③遺言書に基づく場合」によって必要な書類が異なってきます。それぞれを解説いたします。

遺産分割協議書の締結後に、払い戻しする場合

以下の書類を金融機関に提出することになります

  • 金融機関所定の払い戻し請求書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人の預金通帳と届出印
  • 遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印)

この他、金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接問い合わせてご確認ください。

相続人全員で遺産分割協議書を作成したうえで、預貯金の払戻しをするこの方法が、もっともスムーズな流れになります。
相続の手続きを適当にしてしまうと、親族間の争いの種になるほか、最悪の場合裁判にまで発展してしまいかねません。

また、裁判にならないまでも分割の協議が進まないので、相続財産を承継する事ができないという事態にもつながってしまいます。
正しい手続きを踏むことを最優先に考えて進めましょう。

まずはお気軽にお電話ください

相続に関する無料相談ダイヤル

総合受付0120-939-833

予約受付:9時00分~18時00分(平日・土曜)

無料相談実施中

相続財産の名義変更について

アクセス

税理士法人徳島

〒770-0942
徳島県徳島市昭和町8丁目46-20

昭和町の日産自動車のすぐ横道を入った所にあります。

阿南事務所

〒774-0030
徳島県阿南市
羽ノ浦町岩脇紫衣池95-9

司法書士法人ひとざい

〒770-0847
徳島県徳島市幸町3-101
リーガアクシスビル

弁護士法人リーガルアクシス

徳島事務所

〒770-0847
徳島県徳島市幸町3-101
リーガルアクシスビル2階-A

阿南事務所

〒774-0030
徳島県阿南市富岡町西石塚1-6
土佐野ビル202