自動車の名義変更の流れ

自動車の名義変更についてご説明いたします。

自動車は相続の対象となりますので、被相続人の所有していた車両(自動車、軽自動車)を相続する場合、名義を変更する必要があります。なお、廃車にする場合や売却をする場合、または第三者に譲渡する場合でも、先に相続の名義変更手続きを行わなければいけません。
 
相続にともなう車両の名義変更は、相続人の住所を管轄する運輸支局または、自動車検査登録事務所にて行います。
 
自動車の相続は相続人単独でも共同でも行うことができますが、申請する書類が異なります。
 

複数の相続人のうち一人が単独相続する場合

  • 遺産分割協議書
  • 被相続人の戸籍(除籍)謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本(被相続人との関係がわかるもの)
  • 単独相続人の印鑑証明書
  • 単独相続人の委任状
  • 自動車検査証(検査有効期限があるもの)
  • 車庫証明書(使用の本拠が変わる場合)
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 手数料納付書(登録印紙500円貼付)
  • 自動車税申告書
 
 

複数の相続人が共同で自動車を相続する場合

  • 被相続人の戸籍(除籍)謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本(被相続人との関係がわかるもの)
  • 共同相続人全員分の印鑑証明書
  • 共同相続人全員分の委任状
  • 自動車検査証(検査有効期限があるもの)
  • 車庫証明書(使用の本拠が変わる場合)
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 手数料納付書(登録印紙500円貼付)
  • 自動車税申告書
 

 なお自動車保険につきましては、各保険会社にお問い合わせください。

名義変更についてのお問い合わせは、当プラザまでお気軽にお問い合わせください。

財産の名義変更 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報