遺産分割 兄弟

遺産分割が、兄弟間で進まない場合

遺産分割が、兄弟間で進まない!という方も少なくないのではないでしょうか。

相続に詳しい専門家の話では、遺産相続が起こっているうちの約5~10%で、兄弟間において遺産分割のこじれが発生してるとの話もあります。兄弟間ではないものの、親族間で、遺産分割が進まないものも含めると、10%を超えることになるのではないでしょうかとのことです。

よくあるご相談やお困りごとは、下記の通りです。

  • 通帳(預金・貯金)や保険金など相続財産に関する情報を開示してもらえない
    故人(被相続人)の介護をしていた相続人が、通帳を管理していたため、預貯金や保険金等の相続財産の全てを開示してもらえない。兄弟や親族間で遺産相続がうまく進まない、典型的なケースといえるでしょう。
    こうした場合の約半分は、介護や葬儀の費用以外に、私的に相続財産を使い込んでしまっている事も多く、そのような理由で財産をオープンにしないケースが多いようです。
  • 遺産相続に関する方針が相続人間で、まとまらない
    この方針がまとまらない場合、相続財産調査をしっかりとしていないケースがほとんどです。
    この場合、「財産がこれくらいあるハズだ」、「これくらいはあったに違いない」等、推測の議論の域を出ず一向にまとまりません。 

どちらのケースでも、まず始めにご検討いただきたい事は、「財産調査」です。

当プラザでは、大半の財産について専門的な手続きのサポートをすることができます。
そして、上記のような場合のお手伝いとして、一番はじめにご支援させいただくのは、被相続人の方が亡くなった日(相続開始の日)における、残高証明書を金融機関から取り寄せることによって、相続財産を明確にし、話し合いのテーブルを設けるお手伝いをさせていただいております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

遺産分割 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報