戸籍について

戸籍は、大きく分けて、現在戸籍(現戸籍)除籍改製原戸籍の3種類があります。 この戸籍制度は明治5年に開始され、戸籍制度が開始されてから、5回の改正がありました。

また、除籍簿等の保存期間が80年から150年に延長されました。

まずは、3種類の戸籍についてご紹介いたします。

現在戸籍

今現在、普通に戸籍謄本を請求した場合に受取る戸籍はこちらになります。
また、「謄本」とは戸籍全体の写しのことをいい、そのうちの一人だけの写しを、「抄本」と呼びます。

亡くなった方の戸籍をとる場合、必ず「謄本」を取る必要があります。

除籍

除籍とは、その戸籍にいる人全員が転籍や死亡などにより、戸籍からいなくなった状態のことを言います。

また、戸籍から抜けるて、バツ印がついている状態も除籍と言います。
例えば、婚姻をして、新しく戸籍を作り親の戸籍から抜けると除籍となります。
死亡した時も除籍されます。

戸籍収集の際には、除籍されている相続人の除籍謄本を取る必要が出てきます。

改製原戸籍

戸籍法が改正されて、作り直された時以前の戸籍が「改製原戸籍」です。
戦後、昭和23年式戸籍になった前のもの、平成6年の法改正でコンピュータ化された以前のもの等があります。戸籍簿の表紙の右欄外に「改製原戸籍」と書かれています。

正しくは「かいせいげんこせき」と読みますが、専門家の間では「はらこせき」や「はらこ」と呼ばれます。

戸籍の種類

平成6年式コンピュータ戸籍

以前の戸籍は縦書きでしたが、順次横書きのコンピュータ化された戸籍に変わっています。

昭和23年式戸籍

戸籍の単位が、「家」から「家族単位」に変わりました。
「戸主」が「筆頭者」に変わり、「華族」「平民」などの身分呼称もなくなりました。
実際には昭和32年~昭和40年くらいの間に昭和23年式戸籍に変わっていきました。

大正4年式戸籍

「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」という記述が廃止され、戸主の事項欄に記載するようになりました。
このあたりの戸籍が出てくる場合は、複雑となるケースも多くみられます。

明治31年式戸籍

戸籍の一枚目に「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」欄が作られました。
筆で書かれた読みにくい戸籍に出くわすことが多くみられます。
このような古い戸籍が出てきたら、専門家に見てもらうことをおすすめします。

相続人調査と財産調査 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報