法定相続人とは

法定相続人とは、民法で定められた相続することが出来る権利を有する人のことです。
配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人となりますが、配偶者の相続分はその他の相続人の順位に応じて変動します。

 

第一順位

  • 配偶者と子が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者1/2,子1/2です。
    子が複数いる場合は子の相続分1/2を均等配分します。
  • 子が既に死亡していたり、廃除や欠格によって相続の権利を失っている場合は、それらの子(被相続人の孫)が代わりに相続します。(代襲相続)
  • 子には、嫡出子だけでなく、非嫡出子、養子、胎児なども含まれます。 ただし非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2です。

 

第二順位

  • 父母が相続人となれるのは、子や孫などの直系卑属がいないときのみです。
  • 配偶者と父母が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者2/3、父母合わせて1/3です。
  • 父母ともに健在のときは、1/3を均等配分します。
  • 子や孫などがいなくて父母ともに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。
    さらに祖父母が亡くなっている場合は、曾祖父母が相続人となります。

 

第三順位

  • 兄弟姉妹が相続人となれるのは、直系卑属(子や孫等)と直系尊属(父母や祖父母等)がいないときのみです。
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者3/4、兄弟姉妹合わせて1/4です。 兄弟姉妹が複数いる場合は、1/4を均等配分します。
  • 兄弟姉妹に亡くなっている人がいる場合は、それらの子(甥や姪)が1代に限り代襲相続します。

 

相続分の計算が非常に複雑な方もいらっしゃいます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

相続人調査と財産調査 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報