遺産分割協議書の雛形

遺産分割協議書の書式(雛形)は、明確に決まったフォーマットはありませんが、必要事項が抜けてしまうと、法務局などで受け付けてもらえません。

「受け付けてもらえない」というのも、簡単な事ではありません。
万一、遺産分割協議書に訂正等があり、作り直しが必要になってしまった場合、相続人が遠方にいる場合などは、大変な苦労になってしまうからです。また、作り直しが必要になった場合、他の相続人の方が、今回も協力してくれるとは限りません。その場合は、遺産分割自体がストップしてしまいます。

下記に、一般的な書式・雛形と、実際に作成した事例を掲載させていただきます。
ご参考までにご覧ください。また、遺産分割協議書作成に関するお手伝いも司法書士と一緒に行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。


遺産分割協議書(サンプル)

本   籍 徳島県 阿波市 ×町×丁目×番×号
最後の住所 徳島県 阿波市 ×町×丁目×番×号
被 相 続 人 徳島 浜太郎 ( 平成×年 ×月×日死亡 )

上記の者の相続人 徳島×男、阿波×子、徳島×× の全員は、被相続人の遺産について協議を行った結果、次の通り分割することに同意した。

1.相続人 徳島×男 は次の遺産を取得する。

<土地>

所  在 阿波市×町×丁目
地  番 ×番×
地  目 宅地
地  積 180.00m²

<建物>

所  在 阿波市×町×丁目
家屋番号 ×番×
種  類 木造
構  造 瓦葺2階建
床 面 積 1階  60.11m²
2階  60.00m²

2.相続人 阿波×子は次の遺産を取得する。

<現金> 金3,000,000円
<預貯金> ××銀行×支店 普通預金 口座番号00000000
××銀行×支店 定期預金 口座番号00000000
××信用金庫 ×支店 普通預金 口座番号00000000

3.徳島×男は、第1項記載の遺産を取得する代償として、徳島××に平成×年×月×日 までに、金8,000,000円を支払う。

4.本協議書に記載のない遺産及び後日判明した遺産については、相続人徳島××がこれを取得する。

以上のとおり、相続人全員による遺産分割協議が成立したので、本協議書を何通作成し、署名押印のうえ、各自1通ずつ所持する。

平成×年×月×日

<相続人 徳島×男 の署名押印>
住所
氏名             (印)
<相続人 阿波×子 の署名押印>
住所
氏名             (印)
<相続人 徳島×× の署名押印>
住所
氏名             (印)


 

遺産分割協議書の作成 その他のコンテンツ

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
  • お客様の声
  • セミナー・メディア講演情報